--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての星野写真

2010年05月30日 18:48

星を見ようと思ってから約20日。
実際に見に行き、持っていたデジカメ(Nikon COOLPIX S640)で星空を撮影するも、心眼の必要な写真しか取れなかったあの日。

天体写真について調べ、今まで縁遠いと思っていた一眼レフカメラを衝動的計画的に購入してから初めての星空撮影でございます。

見上げてごらん夜の星(クリックすると全体が見れるよ)
F値4.0 ISO800 15秒
おぉー!星が写ってる!ヽ(´ー`)ノヤター

星を見るのに適した条件として、
 1 月が新月かそれに近い状態
 2 市街地の光(光害)が届かない場所
 3 空が晴れている(雲がない)
などがあります。
要するに「晴れた日に真っ暗な場所で空を見ろ」ということですな。

ちなみに、これは少し画像処理しています。

画像処理前はこちら(クリックすると全体が見れるよ)
F値4.0 ISO800 15秒
なんか明るくね?そんでもって白くね?と思ってしまいますね。なぜでしょうか?

月が満月近い状態で明るかったから?
市街地の光が結構届いてたから?
雲が出ていたから?
明け方近い時間だったから?(3時半~4時くらい)
そもそも撮影者の腕が悪いから? ← 多分、これが一番の理由(笑)

撮影者の腕が悪いのは仕様なので棚上げするとしても、先に挙げた「星を撮るのに適した条件」を真っ向から否定する環境で撮影してます(笑)

星と木(クリックすると全体が見れるよ)
F値4.0 ISO800 20秒
雲がかかっております。
平日なんて簡単に休めないサラリーマンには郊外まで行けるタイミングは限られてるんですよね(;´д`)トホホ…
なので、少しぐらい条件が悪くても妥協せざるを得ないのです_| ̄|○
まぁ、早く撮ってみたいという思いもありましたが(笑)

星と木(画像処理前)(クリックすると全体が見れるよ)
F値4.0 ISO800 20秒
白いですなぁ。
ちなみに「なんで明け方近くに行ってんの?」って感じですが、本当は日付が変わる前に着くはずだったんです。
ところが色々あって、レッカーで車を救助してもらう事態になりまして・・・。
気がつけば明け方近くというわけです。

色々って何!?って感じですが、私が言えるのは
「慣れない山道を夜中に走るときは気を付けろ!」
ということですね(笑)

特に初心者は明るい内に行くか、事前に下見しといた方がいいと思います。いやマジで(笑)
山間部の傾斜はクレイジーだぜ・・死ぬかと思った。・゚・(ノД`)・゚・。

もう一枚(クリックすると全体が見れるよ)
F値5.6 ISO800 5秒
こちらも画像処理して夜っぽくしてみました。
といっても大したことはしてないし、出来ませんが(;´Д`)

画像処理前はこちら(クリックすると全体が見れるよ)
F値5.6 ISO800 5秒
この星ですが、他に比べてメチャクチャ明るかったんですよね・・。
月が南西の方角にあったので、ちょうど東南(よりも少し南側?)あたりで光ってました。

惑星かな?金星とか明るいって言うし。
んー、今は空にたくさんの星があるのを見てるだけでも楽しいですが、見てる星が何なのか分かればもっと面白くなりそうです。

今度は天文台と宿泊施設がある場所に行こう。
きっと道も走りやすい(←重要)だろうし、安全に星を見れるに違いない(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aldila806.blog115.fc2.com/tb.php/194-7b4add2b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。