--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感性

2010年06月17日 21:49

この前、色々と考えさせられる体験をしました。

年下ですが、写真に関しては私の先生とも言うべき人と車に乗っていたときのことです。
太陽も沈み、夜空は薄雲に覆われて星もほとんど見えませんでした。

私は車を停めて空を見回し、
「星も全然見えないし、月も曇りガラス越しに見るようなボヤけた感じで全然ダメだなぁ。」
と、パッとしない光景に一人愚痴っていました。

すると先生はおもむろに私のカメラカバンからカメラを取り出して、
「ホワイトバランスは・・」とか「これで全開か・・」とかブツブツ言いながらカメラをいじり始め、ひと通り設定を終えると車の中から写真を撮りはじめたのです。

そして撮った写真を見せてくれました。

普通の月
IMG_1028.jpg
そして撮った最初の月がこれです。
肉眼で見た月に限りなく近い感じで上手に撮れていて流石だなぁと感心しました。
でも、まぁボンヤリした感じの普通の月です。

蒼い月
IMG_1029.jpg
次に見せられたのがこの写真です。
おぉー!なんだか幻想的で綺麗じゃないですか!(`・ω・´)
先生に一体どうやって撮ったのか聞いて驚きました。

私の車は日差し避けのためにフロントガラスの上側に緑色のグラデーションフィルムを貼っているのですが、そのフィルム越しに撮ったと言うのです。

蒼い幻想的な月は、雲越しでボヤけた状態だからこそ独特の雰囲気が出ているように思いました。

色の付いたフィルム越しの月は私も見ていたはずです。
でも、それに対して何も感じませんでした。
同じものを写真で見てこれほど感動しているのに・・・。

写真にしたときに思わず見とれてしまう場面というのはたくさんあるのでしょう。
でも、その場面を目にしてシャッターを切れる人は多くは無いのかもしれません。

目に映る様々なものの中から、こういう場面を見ることができる、気付くことができる力を感性っていうんだと思います(´・ω・`)

私たちが気付かないだけで、雨の日でも曇りの日でも、周りに特別なものがなかったとしても、世界は感動できるもので溢れているんだと再認識させられる経験でしたヽ(´ー`)ノ


コメント

  1. ☆沙羅朋 | URL | JalddpaA

    こんにちは^^
    カメラの機能を熟知した方は瞬時に設定出来て
    素晴しい写真を撮られますね~(*^ー^*)
    私はまだまだノウハウを分かってないので
    勉強が必要です^^;

  2. 水猫 | URL | -

    Re: タイトルなし

    ☆沙羅朋さんへ
    私も先生のようには行かないので修行中です(;´∀`)
    お互い精進しましょう(´∀`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aldila806.blog115.fc2.com/tb.php/210-a6f43ea2
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。